Happy Hacking Keyboardは最高のキーボードなのか?



「週刊アスモノ」アーカイブ
第46回

2017年7月31日(月)放送

2017年07月31日 20時00分更新

文● 三宅


週刊アスモノはTOKYO MX朝のニュース番組『モーニングCROSS』内で毎週月曜日8時ごろから放送している超ギークなASCIIコラボコーナーです。こちらではコーナーの動画をASCII倶楽部会員向けにお届けします。

PCの入出力デバイスで何を重要視するかは千差万別だと思いますが、打ち込みが多い仕事ならばキーボードを挙げる人も多いでしょう。

キーボードはキー配置や構造、打鍵感など、こだわるべき点が多いため、一度自分に合ったらずっと使い続けることになるデバイスです。

数々のタイプがある中でも、昔から変わらず人気なのが『Happy Hacking Keyboard』(HHKB)でしょう。

キーのギリギリまでそぎ落とした省スペースケースと独自配列、タッチフィーリングの良さに熱狂的なファンがいる反面、とっつきづらい印象もあります。

昨年末に20周年を迎えたHHKBの特徴について、開発元のFPUの方をお迎えして聞きました。

せきぐちあいみさんがホワイト・ハッカーと入力対決。刻印なしモデルのハンデをもらった勝負、その結果は!?

※会員登録いただきログインしますと、この下に会員限定のプレーヤーが表示されます。




この連載の記事


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す