iPhoneの音声入力は使える 超高速でメモもできる(日経トレンディネット)



 僕は、“ガラケー”時代から携帯電話の文字入力が得意ではなかった。いまでもスマートフォンで入力するのは好きではない。パソコンを持ち歩くことが多いので、メールを打つときなど、ちょっと長文になるとスマホでの入力を諦めて、パソコンを取り出してしまう。そんなことをしているから、いつまでたってもスマホでの入力がうまくならない。

【関連画像】図の文章は、音声入力だけで作成できた。画面はiPhone標準の「メモ」アプリだ

●iPhoneの音声入力は非常に実用的だ

 苦手なスマホでの入力だが、最近は音声入力を使うことでかなり助けられている。「気恥ずかしくてあまり使っていない」という人には、ぜひ使ってみることをお薦めする。確かに、スマホに向かって一人で話しかけるのは気が引けるが、iPhoneの場合、手で端末を覆うようにすれば、小さな声で話しても結構うまく認識してくれるので、実用性は高い。もちろん、混雑している電車の中や静かなレストランなどではちょっと使いにくいのだが……。

 逆に周囲がうるさいところでも、かなり認識率はいいと思う。あまりにうるさいときには、マイク、つまりiPhoneのお尻を口の近くに持ってきてしっかりと話せば、認識してくれる確率は高くなる。画面に口を近づけて話したくなるかもしれないが、マイクの位置はそこではないので、注意が必要だ。

 なお、音声入力を利用するためには、まず音声認識機能を有効にしておく必要がある。以前は「Siri」を有効にするだけで音声入力が可能になったが、最近は設定メニューの「キーボード」で設定する必要があるので、お間違いのないよう。キーボードの左下にマイクのボタンが表示されていれば、タップして音声で入力できる。

音声入力のポイントは記号の入力と再変換

 検索には音声入力を使っているという人も多いだろうが、僕は長文も音声で入力するようになってきた。長文の場合でも、普通よりちょっとハキハキとしゃべればまず問題なく認識してくれると思う。また「、」は「テン」、「。」は「マル」、「!」「?」も「ビックリマーク」や「クエスチョンマーク」と言えば入力できる上、文章の途中での「改行」も可能だ。このあたりの記号の入力方法を覚えておけば、ほぼ音声だけで長文も入力できるはずだ。実は、Androidの音声入力は、今のところこれができない。iPhoneの音声入力が実用的なのはこういうところだ。

 音声入力では、誤認識があっても気にせずにどんどん入力を進めていくのがコツだ。最後に「完了」ボタンを押せば、文脈を基に誤認識が自動で修正される。それでも誤認識が残っているときは、青い点線の下線部分をタップすると修正候補が表示され、再変換が可能だ。

 これらを覚えておくだけでも、相当に手間が省けるはずだ。試しにフリック入力が得意な人と競争してみたところ、僕の音声入力のほうが速く文章を作成できた。キーボード入力が苦手なら、絶対に音声入力のほうが速い。ちょっとしたメモもサクサク取れる。ただ、iPhone標準の「メモ」アプリでは青い下線は表示されるものの、なぜか誤認識部分をタップしても修正候補が表示されないのが残念だ。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す