エレコム、テレビ番組を24時間連続録画できる外付けHDD – しかも静音設計



エレコムは10月24日、テレビやPCに接続できる外付けHDD「SGD-NZ」シリーズと、「SGP-NZ」シリーズを発表した。発売は11月上旬。価格はオープン。

SGD-NZは、3.5インチドライブを採用した据え置き型のHDD。1TB、2TB、3TB、4TBの4モデルを用意した。SGP-NZは、3.5インチドライブを採用したポータブル型のHDD。500GB、1TB、2TBの3モデルを用意した。

据え置き型「SGD-NZ020UBK」 ポータブル型「SGP-NZ020UWH」

両製品ともに、HDDメーカーであるSeagateが開発。冷却ファンがない静音設計となっている。24時間連続テレビ録画に対応し、USB 3.1 Gen1 / 3.0対応のテレビに接続すると、2番組同時録画も可能となる(対応可否はテレビ側の仕様に依存)。シャープのAQUOS、東芝のREGZA、ソニーのBRAVIA、パナソニックのVIERA、LGエレクトロニクスのSmart TVなどに接続可能だ。

テレビ番組の録画以外にも、PCと接続して、PCのデータを保存することもできる。NTFS形式にフォーマットしてあるため、Windows PCに接続すれば設定不要で使える。

インタフェースとして、USB 3.1(Gen1)に対応したUSB 3.0 Micro Bを備える。対応PCは、標準でUSB 3.1 Gen 1、USB 3.0またはUSB 2.0のType Aポートを搭載したWindows PC、およびMac。対応OSは、Windows 7 / 8.1 / 10 (S、Pro、Home)、macOS 10.12 / 10.13、Mac OS X 10.8~10.11。テレビやPCへの接続方法、設定方法を説明する「かんたん接続ガイド」を同梱する。

SGD-NZのサイズはW120.6×H36.6×D176mm、重量は約950g。長さ120cmのUSB 3.1 Gen1ケーブル(Micro B-A)とACアダプタが付属する。

SGP-NZのサイズは、W80×H14.8×D117mm、重量は約170g。長さ45cmのUSB 3.1 Gen1ケーブル(Micro B-A)が付属する。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す