セイコー、濃紺の琺瑯ダイヤルを採用した機械式腕時計




2017年12月08日 14時30分更新

文● てんこもり

 セイコーウオッチは12月7日、濃紺の琺瑯ダイヤルを採用した「セイコープレザージュ」を発表した。セイコーブティックおよび全国のセイコーウオッチサロンで、12月28日から発売する。価格は10万8000円。

 セイコープレサージュは機械式時計を日常で使いやすく、長く愛用するための「トライマチック」を装備。独自の耐震構造、巻上効率とメンテナンス性の向上、ぜんまいの性能向上を実現している。

 発表したモデルは腕時計を冬の月夜に見立て、無限に広がる夜空を濃紺の琺瑯ダイヤルで表現。静かに浮かぶ三日月を秒針で演出した。ストラップにはクロコダイルの革を使用している。

 ガラスはデュアルカーブサファイアガラスを採用し、裏ぶたにはサファイアガラスを使用。ケース径は40.5mm、厚さ12.4mm。10気圧防水に対応する。ムーブメントは機械式。

■関連サイト



カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す