本漆塗りの特別モデル「ライカM ブラックアンバー」50台限定で登場



経年変化も愉しめる希少な逸品

2017年03月03日 16時13分更新

文● 田沢/ASCII

 ライカカメラジャパンは3月3日、輪島の本漆塗りを施した特別限定モデル「ライカM ブラックアンバー」を50台限定で販売することを発表した。百貨店大丸が創業300周年を迎えることを記念したモデルで、3月25日13時から受付を開始する。

 「ライカM(Typ 240)」のトップカバーとベースプレートから細部のパーツに至るまで熟練職人による輪島の本漆塗りで仕上げたモデル。手作業で5層におよぶ塗り重ねを施しており、琥珀のような透明感がある。使い込むほどに味わいが生まれ、経年変化も愉しめる希少な逸品に仕上げたという。

 カメラ前面とトップカバーは、蒔絵による金文字でライカのロゴが描かれている。漆塗りに蒔絵で四季のモチーフを描いたシャッターレリーズボタン4個と、赤漆塗りで仕上げられたカメラのボディキャップが付属し、桐箱に収めて提供する。ボディのみで、レンズは別売。

 価格は135万円で、完全な手作業による受注生産なので注文から3~4ヵ月後の配送予定。販売店舗はライカ大丸東京店、ライカ松坂屋名古屋店、ライカ大丸心斎橋店。

■関連サイト



カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す