ソフトバンク、月額500円で下り最大612MbpsのモバイルWi-Fiルーター3月17日に発売



各4本のアンテナで複数のデータを同時に通信する技術「4×4 MIMO」を採用

2017年03月09日 21時02分更新

文● 田沢/ASCII

 ソフトバンクは3月9日、下り最大612Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 601HW」(ファーウェイ製)を3月17日に発売することを発表した。端末価格は4万2480円で、月月割り適用で500円×36回払いとなる。

 送信用(基地局)と受信用(端末)に各4本のアンテナを使い複数のデータを同時に通信する技術「4×4 MIMO」や、情報密度を高めて一度に運べるデータ量を増加させる「256QAM」などに対応。

 電源オンからおよそ5秒で起動し、省電力性能により連続通信時間はおよそ8.5時間をうたう。

 本体サイズはおよそ幅109.9×奥行き15.5×高さ65.1mm、重量はおよそ135g、最大通信速度は612Mbps(下り)/37.5Mbps(上り)、ディスプレーは2.4型/QVGAタッチ液晶、バッテリー容量は2400mAh、Wi-Fi方式はIEEE 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)、最大同時接続台数は14台、インターフェースはType-C USB3.0。ブラックとホワイトを用意。

■関連サイト



カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す