玄人志向からロープロ仕様のGTX 1050/1050 Tiが発売



玄人志向「GF-GTX1050-2GB/OC/LP」、「GF-GTX1050Ti-4GB/OC/LP」

2017年03月10日 23時45分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp


 玄人志向から、GeForce GTX 1050/1050 Tiを搭載するロープロファイル仕様のビデオカード「GF-GTX1050-2GB/OC/LP」と「GF-GTX1050Ti-4GB/OC/LP」が発売された。



玄人志向からもGeForce GTX 1050/1050 Tiを搭載するロープロファイル仕様のビデオカードがデビュー。カード長182mmの基板に2基の小型冷却ファンを採用した2スロット占有VGAクーラーを装備する

 どちらのモデルも、カード長182mmの基板に2基の小型冷却ファンを採用した2スロット占有VGAクーラーを搭載。もちろん補助電源は不要で、サイズ制限のある小型PCにも搭載しやすいロープロファイル仕様が特徴だ。

 基本スペックは、GeForce GTX 1050搭載の「GF-GTX1050-2GB/OC/LP」が、コアクロックが1366MHz、ブーストクロックが1468MHz、メモリークロックが7008MHzのOC仕様。メモリーバス幅は128bitで、GDDR5 2GBのビデオーメモリーを搭載。出力インターフェースにはDVI-D×1、HDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×1を装備。



カード形状はどちらも同じ。補助電源なしの最強ロープロファイルVGAとして注目の製品だ

 GeForce GTX 1050 Ti搭載の「GF-GTX1050Ti-4GB/OC/LP」は、コアクロックが1303MHz、ブーストクロックが1417MHz、メモリークロックが7008MHzのOC仕様。メモリーバス幅は128bitで、GDDR5 4GBのビデオーメモリーを搭載。出力インターフェースにはDVI-D×1、HDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×1を装備。

 価格は「GF-GTX1050-2GB/OC/LP」が1万7258円。「GF-GTX1050Ti-4GB/OC/LP」が2万1578円。パソコンショップアークとドスパラ パーツ館で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す