【試乗インプレ】体重140キロのお笑い芸人とトヨタの新型「ヴォクシー」でアウトドア(前編)



 トヨタ自動車の超人気ミニバン「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」の3兄弟が、7月3日にマイナーチェンジを施した。アウターデザインや室内装備を改良したほか、操縦安定性や乗り心地、静粛性にも磨きをかけているという。今回は筆者が一番気になる「ヴォクシー」のハイブリッド車(HV)に試乗。前編ではドライブフィールをチェックする。体重140キロのお笑い芸人を連れて“仕事を兼ねた”バーベキューにいざ出発!(文・写真 大竹信生/SankeiBiz)

 ダメ元でトヨタに電話

 2014年1月に発売された3代目ヴォクシーが3年半の時を経て小改良を行った。ヴォクシーといえば3兄弟の中でもスポーティーで“やんちゃ”なイメージの強い人気車種。今回は2列目に独立型の「キャプテンシート」を採用した7人乗りの最上位モデル「ハイブリッドZS」に試乗した。

 7人乗りのミニバンに1人で乗ってもなんだか味気ない。大人数での乗車を想定して作られたクルマなら、それなりに車両が重たい状態で試してみたいと思うわけだ。かといって、平日の試乗にいい歳をした大人がそう何人も集まるはずがない。「だったらアイツを呼ぶのが手っ取り早いかも」-。もしかすると、一部読者は覚えているかもしれない。ダイハツ「ウェイク」の試乗に登場した浅井企画所属のお笑い芸人、杉渕敦のことを…。彼は私の後輩であり友人でもあり、体重が何と140キロもある。そんな彼なら“一人二役”をこなせる。筆者と2人で大人3人分(場合によっては4人分)に相当する効率のいいヤツなのだ。今回のロケにはうってつけの人材。こうなったら早速、彼にLINEだ。

 筆者「今度クルマのロケできる? 車種はヴォクシー。河原で肉でも焼こうよ」

 杉渕「いけます! バーベキュー、最高です!」

 筆者「じゃ、お前の出演をトヨタに許可取ってみるわ。ダメだったらゴメン」

 ダメ元でトヨタ広報部に電話してみる。なぜなら、トヨタ自動車といえば何となく「お堅い」「まじめ」といった印象が個人的にあり、向こうからすれば企業イメージというものもある。で、気になる答えは…。

 トヨタ広報部「クルマのことをちゃんと書いていただけるのであれば、特に問題はないかと思います」

 トヨタさん、マジ『』…。 これならヴォクシーの魅力を存分に引き出せそうだ。

クルマに乗る前に体重計に乗らせる




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す