中国で人気も危険な「つまようじボウガン」「電流玩具」…おもちゃの安全基準に不満噴出



 中国で販売されている子供向けのおもちゃが「危険だ」と問題視されるケースが相次いでいる。メディアが取り上げたり、警鐘を鳴らす動画がインターネット上に公開されたりして話題になり、一部商品については当局が規制に乗り出している。これらのおもちゃの多くは子供たちの間で人気を集めており、不安を募らせる親たちからは、中国の安全基準を疑問視する声も出ている。

 つまようじが20メートル飛ぶ

 中国メディアなどの報道によると、今年6月に「危険だ」として話題になったのが、つまようじを発射させる弓矢形のおもちゃ。日本語では「つまようじボウガン」「つまようじクロスボウ」などと訳される。プラスチック製、金属製などがあり、弓矢形の本体につまようじをセットし、ボタンを押すなどして発射させる。小学生を中心とした男の子に人気で、当時は街のあちこちで子供たちが飛ばして遊んでいたという。

 本物のボウガン(クロスボウ)と違い、この「つまようじボウガン」は手のひらサイズで、片手だけでも簡単に発射することができる。価格は5~15元(約80~240円)程度と安価なことも人気の理由だった。南西部の四川省成都市から流行が始まったようだが、しばらくして中国全土に広がった。

 ただ、見るからに危険なおもちゃで、間もなく、発射されたつまようじが人の目などに当たれば大けがにつながる、などと指摘されるようになった。子供がふざけて人を狙うこともよくあったという。

代わりに針を使う商品も




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す