東海道新幹線で「座席E」に座る子は賢い 塾経営者が断言する理由



 夏休みは海外旅行や実家への帰省など遠方を訪れることが増える。難関校合格者を多く輩出する塾経営者の筆者は、移動時の子どもの座席位置を親がしっかり考えるとより学びの多い旅になると語る。「東海道新幹線の座席ならE、ハワイに行く飛行機の座席ならAです」。なぜ、そう断言できるのか?

(プレジデント社より引用)

(プレジデント社より引用)

 慶應義塾普通部の試験「富士山はどの席がよく見えるか?」

 2015年の慶應義塾普通部の入学試験「社会」にこんな問題が出た。

 東海道新幹線の座席の図(東京から新大阪方面を向いて、左からA、B、C、通路をまたぎ、D、E)を受験生に見せ、「ア~ウの車窓の風景は、それぞれAかEのどちらの側からよく見えるか?」と問うものだった(車窓アは伊吹山、イは富士山、ウは伊豆半島)。

(プレジデント社より引用)

(プレジデント社より引用)

 私は以前から、帰省や旅行などで東海道新幹線に子どもを乗せる場合、「窓側座席」を親がしっかり予約すべし(東海道新幹線なら座席「E」がベスト)、ということを持論にしている。それは、新幹線だけではなく、飛行機に関しても言える(ハワイ行きなら座席「A」がベスト)。新幹線について解説する前に、まずは飛行機について説明しよう。

 ▼夏休み旅行 飛行機は窓際の座席に子どもを座らせる

 国内線・国際線に限らず、飛行機に乗るときには、「できるだけ窓側に子どもを座らせたほうがいい」。今の時期、旅行の相談があれば私は塾生の保護者にそう伝えている。

羽田離陸直後に見える京浜工業地帯の工場群




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す