UUUM社長「ユーチューバーの世界を広げたい」 – 東洋経済オンライン



HIKAKIN(ヒカキン)、はじめしゃちょー、佐々木あさひ――。無料動画視聴サイト「Youtube(ユーチューブ)」に自作の動画を投稿し、そこから広告収入を得ることを生業(なりわい)とするユーチューバー。小学生の「将来就きたい職業」で上位に入るなど、近年影響力が増している。

そんなユーチューバーたちの制作活動を背景で支える企業・UUUM(ウーム)が8月末、東京証券取引所マザーズ市場に上場した。同社の収益の柱は広告事業だ。視聴数に応じユーチューブ側からもらい受ける「アドセンス収益」と、商品やサービスを紹介する動画を制作・公開することで顧客企業からもらい受ける「広告収益」が2本柱になっている。

インターネット広告市場は前期比2ケタの成長が続き、中でも動画広告の伸びは顕著だ。一方、ステルスマーケティングをはじめとした、市場が拡大するにつれて注目されるようになった課題もある。“新世代のスター”に上り詰めたユーチューバーたちは、どんな可能性を秘めているのか。ウームの鎌田和樹CEOに聞いた。

――ウームがマネジメントしているユーチューバーは、従来の芸能人、タレントとどのような点が違うのか。

ユーチューバーは番組やイベントに出演するだけではなく、自分でネタを考え、撮影・編集までやる。演者だけでなくプロデューサーもディレクターも兼任して、コンテンツを全部ひとりで作れるのが最大の特徴だ。

またユーチューバーは、24時間365日、好きなタイミングで好きな動画を上げられる。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す