EV化や自動運転は本当にメディアが騒ぐほど急激に進むのか? – ダイヤモンドオンライン



9月24日まで、ドイツ、フランクフルトメッセでモーターショーが開催されている。業界は電動化と自動運転の動きが加速し、各地のモーターショーも様変わりしているようだが、現地から目玉となるコンセプトカーや変わったクルマ、クルマ以外の展示などをお伝えする。(フリーライター 中尾真二)

■いちばんの目玉はメルセデスAMG「プロジェクトONE」

 モーターショーの華はやはり各社のコンセプトカーだろう。メルセデスは、メッセのメインエントランスに一番近いホール全体を使いAMG、Smartとともに展示を展開。注目は「プロジェクトONE」というハイブリッドスーパーカーだ。ボディはAMG GTRをよりシャープにしたような外観。デザインはフロントよりリアのディフューザーやセンターマフラーのデザインが特徴的だ。

 エンジンは、AMGのF1エンジンをベースにダイムラーのEVおよびハイブリッド技術を投入し、1000馬力だという。GTRもF1エンジンをベースにした市販車両で、俗に公道を走るF1マシンなどと呼ばれている。すでに市販モデルが存在することもあって、コンセプトカーながら内装の作り込みもクオリティが高い。コンセプトだけ先行したハリボテ感がまったくない。

 コネクテッドカーも近年コンセプトカーの定番だ。メルセデスはプロジェクトONEとともに「コンセプトEQA」を発表した。EQAはコンパクトセグメントの100%EVモデル。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す