新晃工業、株主優待を変更! 1年以上の長期保有を 優遇する制度を導入する一方、1年未満の短期保有では 株主優待利回りが3分の1に大幅ダウンすることに! – ザイ・オンライン



 新晃工業株式会社は、株主優待の内容や配布基準を変更すると2017年9月20日に発表した。

 新晃工業の株主優待は、従来、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、グルメ商品や社会貢献ギフトなどの商品を選択できるカタログギフト(3000円相当)を贈呈」というものだった。

 今後は、以下の3点が変更される。

(1)配布基準が、従来の「100株以上」から、「100株以上」「1000株以上」の2段階となる。
(2)継続保有期間1年以上の株主への長期保有優遇制度が新設される。
(3)保有株式数と保有期間に応じて、株主優待品の内容が「図書カード」「カタログギフト」となる。

 この株主優待の変更は、2018年3月末時点の株主に適用される。

■新晃工業の株主優待の変更前と変更後は?

(変更前) 基準日 保有株式数 株主優待内容 3月末 100株以上 カタログギフト掲載商品3000円相当(変更後) 基準日 保有株式数 株主優待内容 3月末 100株以上を
1年未満保有 図書カード1000円相当 100株以上を
1年以上保有 カタログギフト掲載商品3000円相当 1000株以上を
1年以上保有(※1) カタログギフト掲載商品5000円相当 詳細 ※発送時期は、6月下旬予定。
(※1)「1年以上保有」とは、毎年3月31日及び9月30日現在の株主名簿に100株以上の
 保有を同一株主番号で3回以上連続で記載または記録されることを指す。




こちらもおすすめ


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す