東急池上線無料デーで露呈した「沿線内格差」 – 東洋経済オンライン



10月9日。3連休の最終日。東急池上線はどの駅でも、ホームにやってくる電車はほぼすべて乗客がすし詰め状態で乗っていた。

この日、池上線開業90周年記念行事として「池上線フリー乗車デー」が開催され、池上線は終日無料で乗車することができたのだ。そのため、多くの人が訪れ、電車は大混雑していた。

記念行事としては太っ腹なイベント。この裏には池上線を「選ばれる沿線」にしようともくろむ東急電鉄の思惑がある。池上線フリー乗車デーははたして「選ばれる沿線」となる「きっかけ」となったのか。当日の様子と併せて考えてみたい。

■大盛況の池上線フリー乗車デー

11時過ぎの五反田駅。到着した電車は朝ラッシュ並みの混雑で、ホームに降りた人々と乗車しようとする人々が、もみくちゃになっていた。五反田駅のホームは決して広くはなく、危険を感じそうな光景だ。

電車も遅れに遅れ、10.9kmの距離を22分かけてゆっくりと走る電車はさらに鈍足になっていた。中には所要時間が35分もかかった電車もあったくらいだ。この日は11時から16時台を中心に混雑と遅れが発生していたようだ。

こうした状況だと人々も殺気だっているのかと思えば、案外鷹揚(おうよう)に構えていた。時折混雑に対する愚痴のような声が聞こえてきたものの、全体としてはめったにないこのようなイベントにお祭りやアトラクションのようなものを感じていたのかもしれない。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す