ナイキ創った「ダメ男」、フィル・ナイトの魅力 – 東洋経済オンライン



刊行以来全米で話題となり、翻訳が待望されていたナイキ創業者の自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』日本語版が、10月27日、ついに発売される。そこに描かれているのは、知られざる日本とナイキとの深い関係と、熱狂して人生を生きることのすばらしさだ。

ハブスポットCEOのブライアン・ハリガン氏から本書の英語版を紹介され、1年以上前に読み終えていたという篠田真貴子・ほぼ日取締役CFOに、その感想とインパクトを聞いた。

――この本とどう出会ったのですか。

ハブスポットという会社をご存じですか? アメリカのボストンにある、「インバウンドマーケティング」というウェブ上のマーケティング支援を行っている会社です。縁あって「ほぼ日」は数年前からこの会社と交流があり、ちょうど1年くらい前、CEOのブライアン・ハリガン氏が来日したときに、彼にお会いしたんです(そのときのほぼ日糸井重里氏との対談はこちら)。

■決して読み終えたくない本

彼が読書家だということは以前から知っていたのですが、その彼が「僕はすごくたくさん本を読むけど、なかでもこれはすごくいい!」といって熱く薦めてくれたのが『Shoe Dog』だったんです。

一緒に食事をしていたときだったと思うのですが、その場で「わかりました。すぐ読みます!」と言ってキンドルで買いました。

英語だし、まとまって読む時間も取れないし、読み終えるのに2週間くらいはかかったと思うのですが、読み終えるときはとても名残惜しく、「ああ終わってしまう」というさみしい気持ちになりました。お気に入りの連ドラが終わってしまうような感じでしたね。

――原書が出たのが2016年の4月でした。それから半年くらい経って、この本への評価が高まっているときですね。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す