「不純な動機」を試験勉強の武器にする思考法 – 東洋経済オンライン



学生時代だけでなく大人になっても勉強は続く。ただ、学生時代と違い、家庭や仕事を抱え多忙な社会人にとって、資格や英語などの勉強は大きな壁となって立ちはだかる。この連載では「2割の努力で8割の成果」を上げてきた鬼頭政人・資格スクエア代表が、悩めるビジネスパーソンからの勉強に関する相談に鋭く切り込み実践的なアドバイスをしていく。著者への勉強相談はこちらのフォームから!

【勉強相談】

通訳案内士試験を受験する予定です。英語力は、英検準2級(2013年取得)、TOEIC440(2015年取得)、TOEFL ITP493(2015年取得)程度です。通訳案内士になるためにはTOEICのスコアでいえば840以上相当、 センター試験の地・歴・現代社会で相応の点数を取るのと同程度の知識が求められます。今後、 どのように勉強していくのが最適でしょうか?

また、私がなぜ今まで、このスコアしか出せなかったのかを分析いたしました。私はたいへん神経質なのです。日常であったことを深く考えすぎてしまい、 勉強に支障が出ます。劣等感や負のエネルギーが異常に強いのです。そして集中力が続きません。通訳案内士になりたいというのには、 さまざまな理由があります。

1つ目は、 シンプルに、 仕事内容や働き方に魅力を感じたからです。

2つ目は、 職業により社会的な評価に差が出るというのを痛感したからです。通訳案内士というのが地位の高い職業なのかということはさておき、 学問を積まなければできない仕事だというところに魅力を感じます。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す