神鋼、鋼線や特殊鋼など9製品でも不正 納入先500社に拡大 社長「進退は慎重に判断」



 アルミ製品などのデータを改ざんしていた神戸製鋼所は13日、鋼線や銅管などで新たに9製品の不正を確認したと発表した。これまで否定していた主力の鉄鋼事業にも偽装が波及した。過去にデータ改ざんを行ったグループ会社の日本高周波鋼業と神鋼鋼線ステンレスの2社でも不正が判明。再発防止が不十分だったことが鮮明になった。

 中国やタイなど海外拠点で生産した製品でも、検査データを改ざんしたり、必要な検査を実施していなかったりした。新たに不正が発覚したことにより、約200社としていた問題製品の納入先は全体で約500社に拡大。事態はさらに深刻さを増した。

 9製品の不正のうち、4製品は過去に取締役会で把握しながら対外的に公表していなかった。情報開示姿勢に批判が出るのは必至だ。

 川崎博也会長兼社長が東京都内で記者会見し、「顧客と消費者のみなさまに多大なご迷惑をお掛けし、あらためておわび申し上げます」と謝罪した。川崎氏が一連の不正発覚後に記者会見を開いたのは初めて。

 新たに判明したのは、東京電力福島第2原発に神戸製鋼の子会社が納入した銅合金の配管や、アルミ合金線、特殊鋼など9製品で、取引先と決めた仕様を満たさないデータを書き換えたりしていた。

社長「(リコール負担の)腹づもりある」




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す