「やる気がない社員」を変える3つのコツ – PRESIDENT Online



変化やチャレンジに消極的な人がいると、職場の生産性は上がりません。しかし、どんな職場にも「やる気がない社員」はいます。どうすればいいのでしょうか。トヨタ自動車では、現場のチームワークを活性化させる独自のメソッドを確立しており、子会社のOJTソリューションズを通じてコンサルティングを行っています。「トレーナー」を務めるのは、40年以上、現場を勤めた元トヨタマンたち。今回は、そのメソッドをまとめた『トヨタの現場力 生産性を上げる組織マネジメント』(KADOKAWA)から、3つのコツをご紹介します――。■(1)「ラクをしたい気持ち」を刺激する

トヨタでも、いつもの仕事とは異なる新たな取り組みが現場から歓迎されることは稀で、「余計な仕事が増えた」と面倒がられるケースが大半です。このような“極力面倒なことを避けたい”という傾向が強い人には、人のある根源的な性質を利用しましょう。

人は様々な特性を持っていますが、その1つに「ラクをしたい」というものがあります。皆さんにも、大変な仕事を前にしたときに「面倒だな。もっとラクにできないか」と反射的に思ったり、本来やるべきことではあるもののこっそり手を抜いた経験はないでしょうか。新たな取り組みを面倒に思う人の気持ちにも、この「ラクをしたい」という根源的な特性が潜んでいます。

改善活動などの新たな取り組みに対するよくある誤解は、「今よりも大変になる」というものです。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す