アップル、動作減速を謝罪 スマホ電池交換費下げへ



 米アップルは28日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の旧機種で基本ソフト(OS)を更新すると動作が遅くなるケースがあることを謝罪する声明を出した。対応策として、全世界で2018年の1月下旬から12月まで旧機種の電池交換費用を引き下げると発表した。

 この問題を巡っては、アップルが意図的な動作減速で新機種への買い替えを促しているとの見方も出ていたが、アップルは電池の劣化による不具合を避けるためだと説明している。

 電池交換の対象は14年9月発売のアイフォーン6以降の機種で、米国の場合、交換費用を現在の79ドル(約8900円)から29ドルに引き下げる。

 アップルによると、電池の劣化が原因で電源が突然切れる事態を避けるために、約1年前のソフト更新からアイフォーン6以降の機種で必要なときに動作を遅くするようにした。(共同)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す