サムスンが半導体で首位 25年ぶり、インテル陥落



 米調査会社ガートナーは4日、韓国のサムスン電子が2017年に半導体の売上高で米インテルを抜き、初めて世界で首位に立ったと発表した。首位交代は1992年以来、25年ぶりで、半導体の世界市場の勢力図が塗り替わった。

 サーバーやスマートフォン向けメモリーといったサムスンの主力製品の需要が増えているため。一方、日本勢で最高だった東芝は8位で、日本メーカーの劣勢ぶりが鮮明になっている。

 サムスンの半導体売上高は前年比52・6%増の612億1500万ドル(約6兆9050億円)。これに対し、インテルは577億1200万ドルと6・7%増にとどまった。東芝は29・2%増の128億1300万ドルだった。

 17年の世界の半導体売上高は22・2%増の4197億ドルで、初めて4千億ドルの大台を突破。半導体売上高の世界ランキングでは、NECが1985年から91年まで首位を保った。その後は2016年までインテルがトップの座を維持していた。(共同)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す