三菱アルミJIS取り消し 富士製作所の製品



 経済産業省は12日、製品の検査データを改ざんしていた三菱マテリアル子会社の三菱アルミニウム富士製作所(静岡県裾野市)のアルミ製品が、工業製品の品質や安全性の基準として国が定める日本工業規格(JIS)の認証を認証機関から取り消されたと発表した。データ改ざん問題に絡み三菱マテリアルグループでJIS認証の取り消しは初めて。

 品質管理体制に問題があることが理由だという。三菱アルミは「多くの関係者に多大なるご迷惑をお掛けし、おわび申し上げる」(総務部)と謝罪した。

 三菱マテリアルの子会社では、このほか三菱電線工業(東京)など別の2社でもデータ改ざんが発覚している。

 取り消されたのは、アルミとアルミ合金でつくる「板条」と「押出形材」と呼ばれる2種類の製品。板条は板やコイル状の部材で自動車などに使われ、押出形材は自動車のバンパーや建設向けの用途が多いという。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す