【東京オートサロン2018】コンセプトは「プレミアム」 グッドイヤーが新しいサマータイヤ2モデルを投入



【東京オートサロン2018】コンセプトは「プレミアム」 グッドイヤーが新しいサマータイヤ2モデルを投入

【東京オートサロン2018】コンセプトは「プレミアム」 グッドイヤーが新しいサマータイヤ2モデルを投入【拡大】

 オールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズハイブリッド」の投入で、最近めきめき注目株となってきているグッドイヤー。

 東京オートサロン2018では2モデルの新サマータイヤを発表しました。2つともコンセプトはプレミアム。広告キャッチコピーは「喧噪を、置き去りにしよう。」で、静粛性も大きな売りとなっています。

 1つは人気が高まっているSUVをターゲットとしたアッパー17インチのシリーズで、レクサスRXに装着されていた「エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV”です。エフィシエントグリップ・シリーズのSUVタイヤはすでにHP01が用意されていますが、この「エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV」はHP01のオンロードパフォーマンスをさらにアップしたモデルとなっていて、パターンノイズは9%低減。ドライブレーキ停止距離は9%短縮、ウエットブレーキ停止距離はなんと15%も短縮に成功しています。ます。当初投入されるのは17インチから20インチまで25サイズとなります。

 もうひとつはトヨタプリウスに装着されていたモデルで、イーグルLS EXEの後継モデルとなる「エフィシエントグリップ コンフォート」です。スポーツブランドであるイーグルから、プレミアムブランドに移行するほど方向性を転換したモデルで、パターンノイズを28%低減、ロードノイズは7%低減されています。また、ハンドリングも大幅に向上。ライフ性能も3%アップとなりました。サイズは14インチから20インチまで51種と非常に幅広くなっています。

 グッドイヤーブースにはこの2つのニュータイヤのほかにも従来モデルのタイヤも展示。ステージイベントなども催されています。(諸星陽一)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す