崖っぷちで決断力を学んだ「必有我師」 – PRESIDENT Online



■実質国有化への「崖っぷち」脱出

2002年3月、大阪駅前法人営業部長のときだ。東京の本部で長く仕えた専務が、突然、やってきた。何かと思ったら、「おい、元気にやっているか」と言うだけで、雑談が済むと「じゃあな、もうちょっと頑張れ」と言って、帰った。48歳になったころだ。

大阪へ赴任してまだ10カ月。何の訪問だったのか、疑問が残る。その専務は、何げない言動でも、何か意味を持つ人だった。2カ月後、本部の財務企画部長へ異動の内示が出た。「ああ、このために様子をみにきたのか」と頷く。

ただ、なぜ財務企画部長に選ばれたのかは、わからない。決算や保有する取引先の株式の扱いなどを、担う部署だ。30代を過ごした企画部時代に予算係をした時期はあるが、全く性格が違う。

6月、財務企画部長に就いた。それからの10カ月は、三井住友銀行の存亡の危機とも言える状態が続き、その起死回生を指揮することになる。90年代終わりの金融危機で、バブル時代の融資で巨額の不良債権を抱えた大手銀行に、立て直しを急がせるために公的資金が注入された。その多くは、議決権はないが、配当が優先される優先株の形だ。だが、もし配当ができなくなれば、政府は優先株を普通株に転換し、経営に介入できる実質国有化となる仕組みだった。

02年3月期決算は、赤字になっていた。着任して状況を聞くと、翌春の決算も苦しく、場合によっては配当できなくなるかもしれない、と知る。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す