ラスベガスを走る「自動運転タクシー」の正体 – 東洋経済オンライン



毎年20万人近くが集う世界最大のテクノロジーの祭典、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)。開催地の米ラスベガスで今年、未来の自動運転車を一足先に体験できる実証実験が行われた。

CESの会期中、多くのホテルやカジノが立ち並ぶストリップ地区から展示会場までの道路はひどい渋滞に陥ることもしばしば。歩行者の飛び出しも少なくない。こんな場所に表れたのが、自動運転タクシーだ。白い車体の後ろには、「SELF-DRIVING VEHICLE(自動運転車)」の文字が目立つ。

■市街地での自動運転を実際に体験

車の開発を手掛けたのは、自動車部品メーカーの英アプティブ(旧・米デルファイ)とタクシー配車サービス会社の米リフト。リフトはあのウーバー・テクノロジーズと双璧をなす米国で人気のサービスだ。

アプティブは、2017年10月に自動運転技術のソフトフェアを開発するベンチャー、nuTonomy(ニュートノミー)社を4億5000万ドル(約500億円)で買収、自動運転技術の商品化に向けてアクセルを踏んできた。その成果が、今回お披露目されたというわけだ。

これまで複数の企業が、試験場などの限られたスペースで自動運転の実験を行ってきたが、複雑な交通状況の中でのケースはまだまだ少ない。いったい、どのような乗り心地なのか。安全なドライブができるのか。実際に体験してみた。

この自動運転タクシーの配車は、通常のリフトの配車アプリを使う。出発地はCES会場の駐車場だが、目的地はストリップ地区に密集する約20カ所のホテルから選ぶことができる。今回は、巨大なエッフェル塔のモニュメントで知られる「パリスホテル」へ向かうことにした。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す