河野太郎外相、国際再生エネ総会で日本批判 低水準に「嘆かわしい」



 河野太郎外相は訪問先のアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで14日、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)の総会に出席し、再生可能エネルギー導入に向けた日本の取り組みは国際水準にも達していないとして「嘆かわしい」と批判した。同時に「今後、日本は新しい思考で再生可能エネルギー外交を展開する」と訴えた。

 外相の立場にありながら国際会議で政府方針に苦言を呈した形だ。原発政策を含むエネルギー問題に取り組んできた自らの経験を踏まえ、存在感をアピールする狙いがあるとみられる。

 河野氏がやり玉に挙げたのは、電源に占める再エネの比率を2030年時点で22~24%にするとした日本政府の目標。演説で「再生可能エネルギーの電源割合の世界平均は現在24%。日本が目指す数値が今の世界平均ということは、日本の外相として何とも悲しく思う」と強調した。(共同)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す