失敗せずに「麻婆豆腐」を作るポイント3つ



ROOMIEより抜粋:自宅で作る麻婆豆腐は、豆腐が崩れたり、とろみがうまくつかなかったり、味が決まらなかったり……失敗が多いかもしれない。そこで、失敗しない3つのポイントをまとめて紹介。

【リンク先をご覧になりたい方はコチラ】

1.豆腐を下茹ですること
豆腐の余分な水分が抜け、柔らかく味が染みやすくなり、煮崩れしにくくなる。

2.火加減
中華料理は強火でというイメージがあると思うが、手早く進めないと焦げやすくなる。また、火力が弱いと食材へ素早く火が入りにくく、油っこい味に仕上がってしまうこともある。基本は中火で。

3.とろみをつける水溶き片栗粉は火を止めてから加えることが大事。加熱しながら加えると、ダマになりやすいので気を付けよう。全体に絡めたら1分ほど強火にし、片栗粉に火を通し、とろみをつける。

麻婆豆腐を失敗しないように作る具体的な手順は以下のリンク先で。

豆腐は下茹で。家庭でも失敗しない、ごはんが進む「麻婆豆腐」のレシピ | ROOMIE(ルーミー)

(田村佳奈子)

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す