【試乗インプレ】卓越した美的センスが光るボルボ・V90 クロスカントリー(後編)



 今年2月に発売されたボルボの「V90 クロスカントリー」は、多用性に優れるエステートのV90をリフトアップして走破性を高めた高級クロスオーバー。前編では走行性能や安全装備を試したが、今回は内外装や使い勝手、総評をお伝えする。矢継ぎ早にラインアップを入れ替えて攻勢をかける新世代ボルボの快進撃に、ドイツ御三家もうかうかしていられない!?(文・大竹信生/SankeiBiz 写真・瀧誠四郎)

 エステートといえばボルボ

 ボルボはエステート作りにおける練達の士だ。その歴史は初代「デュエット」が登場した60年以上も前に始まり、20年ほど前に初のクロスカントリー「XC70」を発表した。安全性の追求を基本理念にユーティリティや走破性能も磨き、北欧発の高級車として独自の世界観を作り上げることで、アウトドアを楽しむ人々を中心に多くのファンを獲得してきた。

 V90 クロスカントリーは、XC70の後を継ぐプレミアム・クロスオーバー。全長4940ミリ×全幅1905ミリ×全高1545ミリという、ボルボのフラッグシップ「90シリーズ」にふさわしい堂々たるボディサイズを誇る。

 このクルマの最大の魅力はズバリ、「デザインの美しさ」にある。SUVテイストの強いクルマは「武骨」「マッチョ」といった独特のイメージが付きやすいが、V90は誰がどこから見てもスタイリッシュで、「美しい」「カッコいい」「流麗」といった褒め言葉が非常にしっくりくる。その華麗な外観デザインに大きく貢献しているのが、昨年発売された本格SUV「XC90」から始まった新世代ボルボデザインの導入だ。中でも北欧神話の雷神が持つ「トールハンマー」をモチーフにしたLEDヘッドランプは、新世代ボルボを象徴するスウェーデンらしいアイコン。マイナーチェンジしたコンパクトハッチバックの「V40」や新型セダンの「S90」はもちろん、V90 クロスカントリーにも取り込んでいる。ハンマー型のLEDランプを点灯させると、まるで氷塊から削り出したかのように鮮やかなアイスホワイト色に輝く。手で触れたらひんやりとしそうだ。ボルボのアイデンティティを継承する縦長のリヤコンビランプも「I字型」から「L字型」にすることで、ややマンネリ気味だったリヤビューに新鮮な風を吹き込んだ。

世の中にはちょっと背伸びした高級車が多いが…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す