「高学歴・高収入の独女」後悔と不安 結婚したいけど、私より稼ぎの低い人は…



 「結婚相手? 探しているんですけどね」。独身男性は社内に大勢いるが、なかなか思うようにはいかないという--。

 会社はいつまでいさせてくれる?

 「仕事は楽しいし、苦にならない」という坪田佳代さん(仮名、40歳)。大手メーカーのマーケティング部門に勤める。

 「ウチはお給料がいいから、女性は結婚して子供が生まれても辞めない。しっかり産休・育休を取って2年後に復帰する人も珍しくありません」

 一昨年は、税込み年収850万円。しかし、業績悪化でボーナス激減。昨年は800万円を切ったかも、という。

 東京・山手線沿線の月12万円・1Kの賃貸マンションで一人暮らし。朝食は取らず、電車を乗り継いで朝9時半に出勤。ランチは1000円程度の外食、晩は中食1000~2000円を買って家で食べる。夜、オフィスを出る時間は6時から終電ギリギリまで。帰宅後はネット検索と、パソコンの脇に置いたワンセグTVで夜更かしをする。

 「給与に残業を見越した相当分を上乗せしているから、残業してもしなくても貰える額は変わりません。セコい人は、残業せず、休日出勤で稼ぐ」

 週末は社外の友人数名と渋谷へ。数軒で飲んで、トータル5000円程度散財する。自宅が近いから、深夜タクシーでも1000円前後という。

 「友達はみんな独身女性(苦笑)。結婚した人とは行動パターンが変わって時間が合わなくなるから、だんだん疎遠になって、年賀状のやり取りだけになっちゃう」

「他社の年収はよくわからない。みんなどれくらい貰ってるんですか?」




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す