仮想通貨リップル(Ripple)とは何か?



仮想通貨「リップル」が注目される理由とは

リップルとは現在900種類以上は存在するとされる仮想通貨の1種類です。時価総額は8月9日時点で約69億米ドルあり、仮想通貨市場ではビットコイン、イーサリアムに次ぐ第3位につけるコインです(Coin Market Cap調べ)。SBIホールディングスやGoogleが出資していることや、2018年初から東京三菱UFJ、バンクオブアメリカなど大手6行が国際送金にリップルの技術を活用すべく動くことを発表しており、大きく注目されています。

仮想通貨リップルの特徴

仮想通貨リップルの特徴

リップルとはなにか

リップルとは、特に国際送金を高速かつ安く行うためのもので、外国為替送金を行うための即時決済ネットワークとして機能することを意図して作られたものです。たとえばドル、ユーロ、日本円やビットコインなどをリップルのプラットフォーム上において数秒で送金、トレードすることが出来ます。

リップル(通貨単位XRP)は、ビットコインなどと同様に国内外で取り扱いのある仮想通貨取引所で取引を行えます。

XRPの本来の役割はリップルネットワーク内で送金を行う際の手数料と、ドル/円などの通貨間をまたぐ中間通貨ということになります。前者は、リップルネットワーク内での送金にかかる送金手数料にはXRPが必要ということです。後者は、大まかにいうと手元に日本円しかなくともXRPを介在させて即時にドルを送金することができるという機能になります。こうした性格がある点がビットコインとは異なります。

これまでに、国際送金の利便性や安全性を高める目的で、大手金融機関が多数リップルを利用した実証実験を行っています。UBSやユニクレジット、サンタンデール銀行などに代表される大手銀行の他、7月にはみずほとSBIホールディングスも実証実験に参加することを明らかにしています。2017年4月には、三菱UFJ銀行が来年より国際送金にリップルネットワークを使用する予定であると発表しましたことが話題となりました。

リップルとビットコインの違い

基本的にはリップルも、ビットコインと同様に取り扱いのある取引所で取引をすることができて、市場の需給で相場が変動するという点で同様です。ただし、リップルも急成長しているとはいえ取引量や時価総額、取り扱いのある仮想通貨取引所などは2017年8月現在ではまだビットコインの方が規模が大きい状態です。また、仮想通貨としての特徴にも次に挙げるような違いがあります。

ビットコインは総発行量が2100万枚と決まっており、現在進行形で発行されています。8月9日時点で約1600万枚が発行されて流通し、発行が停止するのは2140年頃の予定です。これに対してリップルは、すでにXRP総発行量の1000億枚は存在しており、リップルのネットワーク上で取引が行われるたびに消費されたXRPは減少していくという設計です。

また、ビットコインは約10分に1度12.5BTC(2017年8月現在)が発行されますが、これはその都度、マイニング(採掘)と呼ばれる計算作業の競争に勝った者に対して作業貢献度に応じて付与されます。このビットコインが取引されて市場に出回ることで、マイニング作業をしない人も取引所で売買できるということになりますが、最初に発行された時に所有するのはランダムなマイナー(採掘者)です。これに対してリップルの場合は、総XRPのうち616.8億を発行元であるRipple社が持っている状態です。

リップルの懸念点とは?今後について

このため、もしも同社が自己裁量で一度に大量のXRPを市場に供給した場合相場が大きく変動するのでは、という事態を懸念する声が以前からありました。2017年5月、Ripple社がXRPマーケットの健全性を保つという理由で、同社の所有するXRPのうち550億について、一定の条件、日数などを満たすまでは流通しないようにスマートコントラクトを利用して凍結する(ロックアップ)と発表しました。この発表は、リップルの大手金融機関との取り組みに関する報道と共にリップルの価格高騰を後押しすることになったと見られています。

リップルと世界の大手金融機関の取り組みが今後どのような成果を見せるのか、またそれに伴いリップルを取り扱う取引所や市場の反応はどうなるのかとともに、Ripple社の保有するXRPが今後どのように運営されるのかも注目点といえます。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す