周恩来元首相の来日100周年で写真展



 東京都千代田区の公園で13日、中国の周恩来元首相が留学のため来日してから百周年を迎えたことを記念した写真展が開幕した。同日の開幕式には中国大使館の汪婉参事官も訪れ、日中国交正常化時の写真などを眺めた。

 周氏は1917年に来日し、東亜高等予備学校で学んだ。写真展の会場となった「神保町愛全公園」は同校の跡地に位置し、周氏が留学していたことを記す記念碑もある。今年は日中国交正常化45周年の節目ということから、これらを記念して千代田区日中友好協会が開催した。

 会場には留学時代や首相就任後の写真など50枚が展示されている。会期は15日までの3日間で、午前11時~午後4時。入場無料。

 千代田区日中友好協会の田邊恵三会長は「開催地は日中友好の原点のような場所。日中交流がさらに活発になることを期待している」と述べた。(三塚聖平)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す