上場時の株売り出し上限1620円 佐川急便の親会社



 宅配大手の佐川急便を傘下に置くSGホールディングスは24日、上場時の株式売り出し価格の幅を示す仮条件が、1株当たり1540~1620円に決まったと発表した。

 12月13日の上場に向けて、投資家の需要を調査する。12月4日に、この範囲内での正式な売り出し価格を決定する。上場承認時の想定売り出し価格は1580円だった。仮条件の上限で決まれば、時価総額は単純計算で5000億円を超える。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す