商品清算機構が社外取締役解任 コメ先物システムで対立



 東京商品取引所の子会社で、原油や金などの商品先物取引の決済業務を担う日本商品清算機構が岡本安明社外取締役を解任していたことが15日、分かった。岡本氏はコメの先物を手掛ける大阪堂島商品取引所の理事長。関係者によると、コメ先物取引のシステム更新をめぐる対立が背景にあるという。

 日本商品清算機構は、商品先物を扱う業者からの預託金で資金の決済を行う。

 堂島商取はシステムの更新を検討しており、当初は東商取のシステムを導入する方針だったが、コスト面などを検討した結果、5日に導入を見送ると東商取側に伝えていた。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す