最新鋭ミグ35を一般公開 ロシアで航空見本市



 ロシアの首都モスクワ郊外ジュコフスキーの飛行場で2年に1度開かれる国際航空見本市「MAKS2017」の一般向け公開が21日、始まった。戦闘機ミグ29の後継機に当たり、19年にロシア軍に配備予定の最新鋭戦闘機ミグ35が展示の目玉。

 18日の開幕式でプーチン大統領は「軍用機や宇宙ロケットの分野でロシアは強固な地位を占めており、この分野での潜在力をさらに強化する」と演説。軍事航空産業の発展に尽力する姿勢を強調した。見本市は、18~20日は関係者向けに行われていた。23日まで。

 展示では、ソ連時代から現代に至るまでの戦闘機、爆撃機、ヘリコプター、民間機などのほか、対空ミサイルシステムS400、移動式防空システム「パンツィリS1」などロシア製軍装備がずらりと並び、中国の無人機やイランの巡航ミサイルなど、ロシアの友好国の軍装備も目立った。(共同)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す