水戸、FW前田の期限付き移籍期間満了を発表「目標が明確になった」



前田大然は今シーズン、J2で13得点を挙げる活躍を見せていた [写真]=Getty Images

 水戸ホーリーホックはFW前田大然の期限付き移籍期間が満了したことを発表した。8日付でクラブの公式サイトが伝えている。

 前田は1997年生まれの現在20歳。山梨学院大学附属高校出身で、2016年に松本山雅FCに加入し、2017年からは水戸に期限付き移籍。今シーズンの明治安田生命J2リーグでは36試合に出場し13得点を挙げるなどの活躍を見せていた。

 前田は期限付き移籍期間の満了に際し、以下のようにコメントを残している。

「水戸ホーリーホックを応援してくださった皆さん、1年間ありがとうございました。この1年間で個人としての目標が明確になったので、これからもっともっとレベルアップ出来るよう日々精進していきたいと思います」

「最後になりましたが、僕はこのチームに来て沢山の事を経験させてもらいました。本当に来てよかったと思っていますし、水戸ホーリーホックが特別なチームになりました。本当にありがとうございました」

本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。著作権は提供各社に帰属します。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す