犬と車でお出かけするときの注意点、トレーニング



愛犬を車に乗せ、ドライブや旅行、キャンプ……とお出かけを楽しんでいる人も多いことでしょう。その時、どんなことに気をつけていますか?

 

犬との暮らしには車が必需品?

愛犬とドライブ

愛犬を乗せる以上は、安全運転を心がけたい:(c)LINDA LINDA_Pmoon

愛犬との旅行やドライブの他、日常の散歩や買い物、またドッグサロンや動物病院へ通う際にも車は重宝するものです。かく言うガイドも、愛犬のために免許を取った一人です。

車に乗せて移動ができるということは何かと便利ですが、いろいろ気配りしなければいけないこともあるはずです。日頃、飼い主の皆さんはどんなところに注意しているのでしょうか。数組の飼い主さんに簡単なアンケートをお願いしました。

そのお話の中から、犬を車に乗せる時の注意点について、今一度振り返ってみましょう。

犬を乗せる席は助手席かリアシートが圧倒的

グラフ1

犬を乗せる席は、助手席とリアシートがほぼ同等くらいという結果に。

その前に、以前、All About犬サイトで、愛犬を車に乗せる際の場所や、その方法について飼い主さんにアンケートをとったことがありましたので、その結果を再度見てみたいと思います。

1つ目の質問は、「車に愛犬を乗せる時、愛犬専用席はどこですか?」というもの。犬のサイズ、頭数、年齢、健康状態、飼い主の家族構成、車種、使用目的……などそのご家庭の状況によって、車の乗せ方も様々だとは思いますが、助手席とリアシート(後部座席)がほぼ同じくらいで、僅かに助手席の方が多いという結果となりました。これは、一般的に小型犬が多く飼われているということも関係あるのでしょうか。

ラゲッジスペース使用は思ったより少なく、各種競技会などに行くと、このスペースに犬を乗せている車が結構目立ちますが、一般的な家庭犬の場合は、より運転者や家族に近いところに乗せていると捉えていいかもしれませんね。

固定派? フリー派?

グラフ2

なんらかの方法で犬を固定しているケースと、膝の上を含めてフリーにさせているケースとほぼ半々。

2つ目の質問は、「愛犬を車に乗せる時、どのように乗せていますか?」。

「犬用シートベルト、またはそれと同様のものを使って犬を固定する」という人も意外に多く、クレート類使用と合わせて、車内での安全を重視した「固定する」派がほんの僅かながらリードしています。

シートベルトと言えば、人間の場合、道路交通法の改正により、リアシートでのシートベルトも義務づけられていますが、さて、犬の場合はどうしましょう? 私達にとっては大切な家族でありながら、法律的にはその範疇に入っていませんので、彼らの命を守ってあげるには飼い主自身が考え、判断しなければなりません。

これをきっかけに、犬を車に乗せる際の安全対策、もうちょっと考えてみませんか?




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す