米国コネチカット州スタンフォード市「歩きスマホ」で罰金を検討(佐藤仁)




 「歩きスマホ」は日本だけの問題ではない。世界中で多くの人が歩きながらスマホをチェックしており、事故やトラブルが後を絶たない。

ホノルルでは2017年10月から道路横断中の「歩きスマホ」で罰金

 2017年10月からハワイのホノルルでは、道路横断中の「歩きスマホ」に罰金が科せられるようになる。罰金は15ドル(約2,000円)から99ドル(約12,000円)で違犯した回数によって以下のように額が異なる。

コネチカット州スタンフォード市でも罰金30ドルを検討

 ホノルルでの道路横断中の「歩きスマホ」への罰金導入が他の都市にも影響を与えている。コネチカット州スタンフォード市でも「歩きスマホ」での罰金を検討しているとブルームバーグが報じていた。スタンフォード市は人口12万人の小さな都市。

 

 スタンフォード市のボードメンバーのJohn Zelinsky氏によると「罰金の目的は歩行者の注意喚起。歩行者が負傷したり、事故で死なないようにすること。市の収入を目的としているわけではない。赤信号でも『歩きスマホ』をしながら、道路を渡ろうとする人が多く、彼らは自動車が止まってくれると思い込んでいるようだ。『歩きスマホ』での罰金は1回の違反につき30ドル(約4,000円)くらいが妥当だろう」とのこと。スタンドフォード市長のDavid Martin氏は「道路を歩いている時に注意をしていないのは危険だ」とコメント。

 ホノルルで導入される道路横断中の「歩きスマホ」への罰金は今後、アメリカの他の都市にも広がるのだろうか。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す