高齢者による犯罪の実情をさぐる(不破雷蔵)




高齢者でも聖人では無く普通の人間である以上、衝動的に、あるいは自発的に罪を犯してしまう。高齢者(今件では65歳以上)による犯罪の実情を、日本の高齢化の進行と今後に向けた施策などをまとめた内閣府発行の白書「高齢社会白書」の内容をもとに再精査する。

今白書では高齢者による刑法犯の検挙人員数などをまとめているが、その公開値を再整理したものが次の通りとなる。

↑ 高齢者による犯罪推移(包括罪種別刑法犯検挙人員)
↑ 高齢者による犯罪推移(包括罪種別刑法犯検挙人員)
↑ 高齢者の犯罪者率(人口10万人あたりの検挙人員)
↑ 高齢者の犯罪者率(人口10万人あたりの検挙人員)

検挙人員数は2007年以降はほぼ横ばいで推移している。該当する高齢者人口が増加していることを考えれば、比率的には減少傾向にあると見て良い。実際、高齢者の10万人あたりの検挙人員(つまり比率)も2007年をピークに、わずかずつではあるが減少している。

ただしこの類の事例の常として、発生比率だけでなく、発生した件数そのものにも重点が置く必要がある。比率、総数が減っているとはいえ、高齢者だけでも年5万件近い検挙数があり、それは今世紀初頭の2001年と比較すれば2倍強もの増加に違いない。

また報道などでも良く取り上げられる「窃盗犯」(物品の盗取)について、件数、そして比率が増加していた点にも注目したい。これは万引きによるところが大きい。ちなみに万引きは窃盗犯の一種であり、万引きも窃盗犯には変わりない。

傾向としては2007年以降は検挙数全体が横ばいで推移しているものの、その中で「窃盗犯」の人員数が増加していた。当然全検挙数に占める比率も増加する。ここ数年でようやく窃盗犯の数も横ばいから減少の兆しはじめ、検挙数全体に占める窃盗犯の比率も減少に転じている。

↑ 高齢者の犯罪者率(高齢者の刑法犯検挙人員に占める窃盗犯の比率)
↑ 高齢者の犯罪者率(高齢者の刑法犯検挙人員に占める窃盗犯の比率)

2006年までは窃盗犯比率も減少していたが、奇しくも検挙数全体が横ばいに転じた2007年以降増加に転じ、2013年においては3/4に近い73.7%が窃盗犯で占められるようになった。それ以降は少しずつ比率も落ちているが、高い値には違いない。シンプルな表現をすれば、警察に捕まった高齢者の10人に7人強は窃盗犯となる。

一方で、積み重ねグラフ中では赤色に相当する粗暴犯(暴行、傷害、脅迫、恐喝が該当)が数、比率共に増大しているのが目に留まる。高齢犯罪者の粗暴化とでも表現すべきか。

↑ 高齢者の犯罪者率(高齢者の刑法犯検挙人員に占める粗暴犯の比率及び人数)
↑ 高齢者の犯罪者率(高齢者の刑法犯検挙人員に占める粗暴犯の比率及び人数)

高齢者の万引き行為の背景は若年層から中堅層までのそれとは異なる場合が多く、多分に孤独感や生活苦がきっかけとなっている。社会構造の全般的な変化が無い限り、今後も高齢化社会の進展と共に、万引き、そしてそれにより底上げされる窃盗犯の比率は上昇するのは容易に想像ができる。行政側、特に地域社会を包括する自治体レベルにおいて、発生事由を見極め、多方面からの状況改善施策が求められよう。

他方、原因の一つには病的状況も想定されるが、これは粗暴犯の増加にも結びつく話となる。多分に本人には罪の意識が無い以上、より難しい問題には違いない。

■関連記事:

「高齢者万引き数増加」の話をグラフ化してみる

<

p class=”multibr”>未成年者と高齢者の万引き推移をグラフ化してみる

(注)本文中の各グラフは特記事項の無い限り、記述されている資料を基に筆者が作成したものです。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す