台風18号一過の猛烈残暑の関東地方(饒村曜)



4島全てに上陸

 日本列島の三連休を大混乱させ、大きな爪痕を残した台風18号は、三連休の中日の9月17日11時30分頃、鹿児島県南九州市付近に上陸し、その後、17時頃に高知県宿毛市付近に再上陸、20時頃に兵庫県明石市付近に再再上陸をし、翌18日には10時過ぎに北海道南部の檜山地方に再再再上陸しています(図1)。

図1 地上天気図(平成29年9月18日12時)
図1 地上天気図(平成29年9月18日12時)

 つまり、日本の主要4島すべてに上陸しています。

 九州北部から中国地方を通って北海道、あるいは、九州南部から四国を通って近畿地方という主要3島に上陸することは、それほど珍しくはありませんが、台風18号のように4島にとなると非常に珍しいことです。

関東地方を中心に猛烈残暑

 台風18号に向かって南の暖かい空気が流入し、日射の強まった関東地方や新潟県の一部などでは、台風一過の猛烈残暑になっています(図2)。

図2 平成29年9月18日の全国の日最高気温(14時現在)
図2 平成29年9月18日の全国の日最高気温(14時現在)

 このため、昨日発表した18日の関東地方の最高気温の予報では、のきなみ前日(17日)より10度前後も気温を高く予報しています(表)。

表 関東地方の9月17日の最高気温(実況)と19日の最高気温の予想
表 関東地方の9月17日の最高気温(実況)と19日の最高気温の予想

 そして、18日は予報通り、関東地方は南からの暖かい空気の流入と強い日射により、午前中から気温が上昇して真夏日となっています。

 しかし、この猛烈な暑さは一時的です。明日から週末までは、移動性高気圧の接近・通過で、いわゆる秋らしい晴天となる予報です(図3)。

図3 東京の週間天気予報(9月18日11時発表)
図3 東京の週間天気予報(9月18日11時発表)

 少しずれていたら絶好の行楽日和になったのにと恨めしい人が多いと思われますが、自然は、人間の都合よく動いてはくれません。

 9月の残暑は、体力が弱って厳しい暑さと感じることから「猛烈残暑」と呼ぶことがありますが、健康管理には夏の暑さ以上に注意が必要です。

図の出典:気象庁ホームページ

表の出典:気象庁ホームページより著者作成


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す