大型契約を失っても早期MLB挑戦で得られる大谷翔平のメリット(菊地慶剛)




 日米メディアが大谷翔平選手の話題で持ちきりだ。改めてその存在感の大きさを痛感させられている。

 最近は、昨年12月に施行された新しい労働協定により「外国人プロ選手」扱いが25歳(以前は23歳)まで引き上げられたため、来シーズンのMLB挑戦では大型契約が結ぶことができず、マイナー契約からのスタートになることがかなり注目されている。中には「2億ドルを不意にしようとする選手」として驚嘆とともに報じられているようだ。

 しかしその一方で、早期MLB挑戦で大谷選手が得られるメリットについてはあまり論じられていないように思う。実は来シーズンのMLB挑戦がマイナス面ばかりだとは思えないのだ。

 なんと言っても大谷選手にとって最大のメリットこそ、日本ハムの許可を得て23歳の若さでMLBに挑戦できることだ。これまで多くの日本人メジャー選手たちの取材をしてきたが、彼らの共通意見は一様に、「MLBに来られるなら少しでも早いほうがいい」というものだった。

 過去の例をみてもわかるように、選手がMLB挑戦希望を表明したとしても、海外移籍可能なFA権を取得するまで認めない球団も少なくなく、またポスティング制度による移籍を容認する球団でも、FA権を取得できる前年まで認めないケースが多かった。そのため早くても20代後半でのMLB移籍を余儀なくされてきた。

 どんな選手であろうと、プレーする環境が変わればそれに適応しなければならない。それにはプレースタイルが完成された選手よりも、成長途上の選手の方がより適応しやすいだろう。また発展途上の状態で移籍できれば、MLB移籍後にピークを迎えることができ活躍できる年数も長くなるわけだ。23歳でMLB移籍できる大谷選手はいい意味でレアケースといえる。

 しかも過去4年間の日本ハムでの実績により、MLBでも既成概念が変化し、大谷選手が夢見る二刀流での起用を表明するMLB関係者が現れた。もし2012年に本人の希望通り高校から直接MLB入りしていたならば、たぶん現在の大谷選手は投手に専念していただろう。それが現在はMLBでも二刀流ができそうな環境が整ったのだから、もうこれ以上待つ必要はないはずだ。

 また労使協定の変更によりマイナー契約からのスタートになったのも、決してデメリットばかりではないと思う。MLBすべてのチームがほぼ横一線で契約提示できる状況になったのだから、すでにメディアでも報じられているように、ほぼ全30チームが獲得に興味を示しているといっていい。現在MLBとNPBの間で新ポスティング制度が協議されているが、現行の入札最高額の2000万ドルを超えることはなさそうなので、どのチームも十分に対応できる額だ。

 つまり来シーズンMLBに挑戦すれば新ポスティング制度を利用したとしても、ほぼ全チームが獲得に名乗りを挙げそうだ。そうなれば交渉で各球団の起用法、育成プランなどしっかり確認できた上で、大谷選手の思い通りに意中のチームを探し出すことができるのだ。これが逆に大型契約を得られる25歳まで待てば、同じくポスティング制度を利用したとしても、高額な大型契約を提示できるチームだけに絞られてくるため、どうしても選択肢が狭まってしまう。チームを選ぶことに関しては、早期MLB移籍の方が理想的な環境を提供してくれるのだ。

 確かに新しい労働協定の下では、2013年にポスティング制度を利用してヤンキース入りした田中将大投手のような大型契約を手に入れることはできない。しかし昨今のMLBのトレンドとして、若手有望選手が早い時期から大型契約を獲得できるようになっているのも事実だ。

 例えばエンゼルスのマイク・トラウト選手だ。2011年にわずか19歳でMLB初昇格を果たし、翌シーズンからMLBに定着し、新人賞を受賞。2013年シーズン終了後はまだ年俸調停の資格を得ていない選手としてはMLB史上最高額(当時)の100万ドルで契約したことで注目を集めた。

 さらに2014年オフにはまだMLB在籍3年余りでありながら、6年間で総額1億4450万ドルの大型契約を結ぶことに成功。25歳で迎えた今シーズンの年俸は約2000万ドルに留まっているが、来シーズンから3年間は野手最高額となる3400万ドル以上を受け取ることになっている。

 また現在MLB最高年俸を得ているドジャースのクレイトン・カーショー投手も、まだFA権取得に満たないMLB在籍4年余りの段階で7年間総額2億1500万ドルの大型契約を結んでいる。さらに今年のキャンプ中にMLB在籍2年足らずでトラウト選手を抜き年俸105万ドルで契約したカブスのクリス・ブライアント選手も、FA権取得前に彼らに匹敵する大型契約を獲得すると予想されている。

 これらの例が示す通り、最初はマイナー契約からのスタートを強いられらとしても、大谷投手が周囲の期待通りの活躍さえ続ければ、わずか数年で2億ドルどころかそれを上回る大型契約を得られる可能性があるのだ。なんなら大谷投手が日本人選手として初めてMLB史上最高額で契約できるかもしれないのだ。

 来シーズンMLB挑戦した方がメリットが多いように感じるのは自分だけではないだろう。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す