ノーベル平和賞受賞者を選ぶ委員会、ノルウェーのポピュリスト政治家が新メンバーに?(鐙麻樹)




ノーベル平和賞の受賞者を選考するノルウェー・ノーベル委員会の新メンバーに、右翼ポピュリスト政党(または極右と説明されることもある)「進歩党」のカール・I・ハーゲン元党首が推薦される可能性がまた浮上している。

14日の産業紙DNによると、国会の進歩党グループはハーゲン氏を推薦する方針だとリークした。

進歩党といえば現在はイェンセン財務大臣(現党首)やリストハウグ移民・社会統合大臣が注目を集めやすいが、それ以上の物議を醸す言動で知られる人物がハーゲン氏だ。

今の進歩党を形作ったのは、ハーゲン氏といっても過言ではなく、党のおじいちゃん的存在となる。

委員会のメンバーは国会で議席数が多い各党から推薦される。

ハーゲン氏は2011年も委員会のメンバーになりたがっていたことで知られている。

現在は、首都オスロの市議会で議員を務め、国会でも党の代理議員となっている(議員が休暇・欠席などの際に代理で国務を務める)。

国会の代理議員では中立性が低いとして、正式に国会から任命されるのは難しいのではという声があるが、進歩党は同氏をそれでも推薦する構えだ。

ハーゲン氏を推薦したいとする同党のイェッデ氏は「ハーゲンが国会に立つことがあったとしても、国会の他の者とノーベル委員会の業務における話はしないはずだ」とDN紙に答える。

自身のFacebookやメディアで移民・難民政策以外でも過激な言動を繰り返すことで有名なハーゲン氏。地元メディアは頻繁に同氏がノーベル委員会のメンバーになるのではと報道を繰り返している。

もし同氏が委員会メンバーになることがあるとすれば? ノルウェーからノーベル平和賞に関する、これまでとは違う衝撃的なニュースが世界中に頻繁に届くようになるのではと筆者は思う。

Photo&Text: Asaki Abumi


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す