FPが教える、ボーナス活用術 貯金は何パーセントすべき?(花輪陽子)




ボーナスの時期ですね。ずっと欲しかったデジタルガジェットや洋服を買おうと思っている人もいるかもしれません。旅行の予定も立てたいですね。でも、ボーナスを全額使うのは待ってください。

貯金上手はボーナスなど臨時収入を臨時支出の備えにしています。ボーナスをすぐに使ってしまうと、急なお金の入り用で家計が傾いてしまいます。

支出には家賃や食費のように毎月決まってかかる支出とそうではない支出(臨時支出)があります。臨時支出には突然の冠婚葬祭など予測できない支出もあれば、火災保険料や更新料の支払いなどあらかじめ予測できる支出、大きな買い物や旅行など計画を立てられる支出とあります

あらかじめ臨時支出への予算と対策を立てておけばさらに貯め上手になることができます。臨時支出の備えがあれば生活口座と貯金口座の間のガードとなり、貯金には手をつけなくて済むからです

■臨時支出はボーナスから

1年間の臨時支出としては手取り年収の10%程度はみておくとよいでしょう。手取り年収400万円なら40万円程度ですね。このお金をどこから持ってくるかというとボーナスなど臨時収入が最適です。冬のボーナスが手取りで40万円出るのなら半年分の臨時支出20万円を生活口座から分けておきましょう。ボーナスが出ないという人は毎月の収入から10%程度臨時支出用に貯めたいところです。

臨時支出の金額は家庭によっても変わります。持ち家がある人は固定資産税の支払いもありますし、マイカー保有者は自動車税の支払いがあります。自分の臨時支出を正確に把握するには1年間家計簿をつけることをおすすめします。できれば数年間家計簿をつけ続けるとよりぶれない予算を立てることができます。

臨時支出用の貯めは生活口座(普通預金)や貯金(定期預金など)とは別にしておきましょう。この口座はいわば消火器のようなものです。いざといった時に使う口座ですから換金しやすいかたちで持っておきましょう。 

臨時支出への備えどころではない人もいるでしょう。そんな人はまずはボーナスの10%からでもよいので貯める癖をつけるようにしてください。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す