【速報!】ロシアの名門アイスホッケーチームが多額の負債を抱え、42人ものプレーヤーを放出!(加藤じろう)



1946年に創設して以来、NHLの得点王に輝いた アレックス・オベチキンを筆頭に、数多くの名選手を輩出。

さらに加えて、何度も栄冠に輝き ”名門” と呼ばれ続けてきたロシアのアイスホッケーチームと言えば、ディナモ モスクワです。

▼42選手を放出!

筆者の当サイトでの既報どおり、ディナモ モスクワは多額の負債を抱え、選手への給与の支払いも滞っていたことから、加盟する KHL(コンチネンタル ホッケーリーグ=ロシアをはじめ8か国から29チームが参加するヨーロッパ最大のアイスホッケーリーグ)は、昨日(現地時間)審議会を開催。

その席に於いて、KHLが定めた規約に違反する複数の問題が発覚し、短期間での解決は困難だとの結論に至り、ディナモ モスクワの42選手に対して、フリーエージェント権を与えると決定。

これによって、ディナモ モスクワは、プレーヤーの保有権を失い、(事実上)「42選手を放出」 することになりました・・・。

▼今季のKHLはどうなる !?

この決定に先駆けて、KHLは今季のスケジュールの発表延期を表明していましたが、8月21日に予定されていた開幕はどうなるのか !?

そして、ディナモ モスクワに代わるチームを下部リーグ(VHL)などから加盟させるのか !? 発表が待たれます。

KHLで2回。前身のロシアスーパーリーグでも「2回」。さらに、かつてのソビエトリーグでは、3連覇を含む「5回」もチャンピオンに輝いた ”名門チーム” の不参加によって、今季の、、、そしてこれからの KHL は、どうなるのでしょうか?

尚、ディナモ モスクワが、このような事態に陥った経緯については、先月30日に配信した

の記事をご参照ください。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す