レンジャーズはダルビッシュを放出する意志無し(菊地慶剛)




ここまで43勝45敗と負け越しでシーズンを折り返すことになったレンジャーズ。ア・リーグ西地区でエンゼルスと並び2位タイにつけているとはいえ、首位を走るアストロズに16.5ゲーム差離されている状態で、逆転優勝を狙うにはかなり厳しいと言わざるを得ない。

そんな状況下でウェーバー無しのトレード期限が迫り、米国メディアの中でもレンジャーズがトレード市場で“売り手”に回り、今シーズン終了後にFAの資格を得るダルビッシュ有投手やジョナサン・ルクロイ選手がトレード有力候補として度々名前が浮上してきている。スポーツ専門サイトの『The Score』では、トレード期限内に移籍する可能性が高いオールスター選出6選手の1人にダルビッシュ投手を選んでいるほどだ。

しかしそれを真っ向から否定する記者が現れた。MLBネットワークやFOXスポーツで活躍するジョン・モローシ記者だ。7月12日付けで以下のようなツイートを公開している。

内容を解説すると、現在水面下で行われている各チームとの交渉の中で、レンジャーズは主力選手を放出するつもりはなく、むしろ後半戦に向け補強に取り組むため、“買い手”としてトレードで選手を獲得する意志を伝えているということだ。つまり噂の上がっているダルビッシュ投手やルクロイ選手を交渉のテーブルにも挙げていないことになる。

確かに逆転地区優勝は難しいとはいえ、ア・リーグのワイルドカード争いでは47勝43敗のレイズに3ゲームしか離されていない。後半戦の戦い方次第で十分にプレーオフ進出を狙える位置におり、チームとしてまだまだ望みを捨てるわけにはいかないのだ。そのためにも勝利数、防御率、奪三振数で“チーム三冠王”のダルビッシュ投手を放出することはできるはずもない。

モローシ記者のツイートが事実ならば、ダルビッシュ投手はこのままレンジャーズでシーズンを終えることになる。レンジャーズとしてはFA公示日前に契約延長に合意したいところだが、やはり普通に考えればダルビッシュ投手FAを選択し、あらゆるチームと交渉する道を選ぶことになるのだろう。

いずれにせよ、ダルビッシュ投手の去就についてはシーズン終了後まで待つしかない。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す