客を家に招くことを好むおもてなしランキング、中国人は世界5位、日本人は?



中国人は昔から人をよくもてなすことで知られている。最新の調査によると、世界で最ももてなしの精神があるのはメキシコ人で、中国人は5位となっている。華人の3割が毎日、または毎週、友人を家に招いて食事をしたり、遊んだりしている。カナダ華字紙・星島日報が伝えた。

ドイツのマーケティングリサーチ企業・GfKが8日に発表した、客を家に招くことに関する報告によると、17カ国で実施したオンラインアンケートで、回答者の4分の1が毎日、または毎週、友人を家に招いて食事をしたり、遊んだりしていると答えた。一方、絶対に友人を家に招いて食事をしたり、遊んだりしないという答えは10人中1人の割合だった。家での遊び方として挙がったのは、ディナーパーティーや映画鑑賞、スポーツ番組鑑賞、コーヒーを飲みながらおしゃべりなど。

年を取るほど客招く回数は減少

報告によると、世界17カ国のうち、メキシコ人とアルゼンチン人が最ももてなし好きで、メキシコの回答者42%が、毎日、または毎週、友人を家に招いて食事をしたり、遊んだりしていると答え、アルゼンチンの同回答も39%で、ブラジル36%、イタリア人34%、中国人30%と続く。

一方、オランダ人や日本人、韓国人は家に客をあまり招かず、毎日、または毎週、友人を家に招いて食事をしたり、遊んだりしているとの回答は、オランダ人19%、日本人27%、韓国28%だった。

報告によると、男女別に見ても、もてなしの精神に大きな違いはない。毎日、または毎週、友人を家に招いて食事をしたり、遊んだりしているとの回答は、男女合わせて約3分の1 (34%)で、毎週または毎週もてなすのは男性の方が多く、1カ月に1度との回答は女性の方が多かった。毎日、または毎週、友人を家に招いて食事をしたり、遊んだりしているとの回答は、20歳以下の子供がいる人が28%だったのに対して、子供がいない人は19%だった。

年齢別に見ると、年齢が上がるほど、家に客を呼ぶ回数が減り、毎日、または毎週、友人を家に招いて食事をしたり、遊んだりしているとの回答は、20代34%、30代30%、40歳代18%、50代15%、60代12%だった。(提供/人民網日本語版・編集/KN)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す