7月の仏EU基準CPI改定値、前月比0.4%低下



[パリ 11日 ロイター] – フランス国立統計経済研究所(INSEE)が11日発表した7月の欧州連合(EU)基準の消費者物価指数(CPI)改定値は前月比0.4%低下した。前年比では0.8%上昇した。

いずれもロイターがまとめたエコノミスト調査と一致した。

INSEEはCPIの低下について、エネルギー価格の下落などが要因と説明した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)



ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す