<野球>李承ヨプ「引退ツアー」最後の打席でソロ本塁打…シーズン19号(中央日報日本語版)



サムスンの李承ヨプ(41)が「引退ツアー」最後の打席で本塁打を打った。

李承ヨプは11日、大田(テジョン)ハンファ生命イーグルスパークで「引退ツアー」を行った。試合前、子どもファンたちとのサイン会はもちろん、ハンファ球団から用意したプレゼントをもらった。

李承ヨプは普段よりも大きなエールを受けながらこの日、打席に入った。

李承ヨプは4回二死一塁で右前安打を放った。

そして、2-8で後れを取った9回表、先頭打者として入った李承ヨプは、交代された投手パク・サンウォンの145キロの直球を思う存分返した。大きな放物線を描いた打球は、右側観覧席を超える場外ソロ本塁打(シーズン19号)につながった。飛距離は130メートルだった。
李承ヨプがベースを回る時、3塁側のサムスンファンだけでなく、1塁側のハンファファンたちも大きなエールを送った。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す