トランプ氏「習近平首席と電話会談予定…すべてがよく解決されるだろう」(中央日報日本語版)



北朝鮮の相次いだ挑発行為に対する対応策を立てるためにトランプ米大統領が11日(現地時間)、習近平主席と電話会談を行う予定だということが分かった。

この日、APなど米メディアによると、トランプ大統領はニュージャージー州のトランプナショナルゴルフクラブで行われた記者会見でこのように伝えた。

トランプ大統領は「希望を持っているが、すべてがよく解決されるだろう」ととし「私より平和的な解決法を好む人はいない」と強調した。

また、グアムを包囲射撃するという北朝鮮の脅威に対してトランプ大統領は「彼が〔金正日(キム・ジョンイル)総書記〕グアムや他の所に対して、そこが米国領土であれ同盟国であれ、どんな行動でもするなら彼は本当にその行動を後悔することになるだろう。早く後悔することになるだろう」と警告した。

これに先立ち、トランプ大統領は午前、ツイッターを通じて「北朝鮮が賢明でない行動をする場合、軍事的解決策が完全に準備され、装填されている」として武力の使用などを含む強力な北朝鮮に対する圧力を示唆した。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す