(朝鮮日報日本語版) 北朝鮮危機:米朝緊張の最中に韓国外相・安保室長が夏休み入り(朝鮮日報日本語版)



 韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官は11日、5泊6日の日程で夏休みに出掛けた。韓国大統領府(青瓦台)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長も14日から18日にかけて五日間の夏休みを取る予定と伝えられている。15日の光復節前後の三日間(14-16日)、大統領府の国家安保室長と外交部の長官がそろって席を空けるというわけだ。北朝鮮は今月9日と10日、米領のグアムに向けてミサイルによる包囲射撃を行う旨を表明し、今月中旬までに計画を完成させると主張した。米国のドナルド・トランプ大統領も「炎と怒り、力に直面することになるだろう」と北朝鮮側に対抗し、米朝間の緊張はぎりぎりにまで高まっている。

 韓国政府の当局者は「厳しい状況ということは認識しているが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も『年次休暇を全部使いたい』と公言しているだけに、休暇の重視は現政権の方針。今でなければ休暇の時期は決めづらいので、予定通りに行く」とコメントした。

 文在寅政権発足後、6月末に韓米首脳会談、先月はG20(主要20カ国・地域)サミット、さらに今月8日に閉幕したASEAN(東南アジア諸国連合)地域フォーラム(ARF)など外交日程が続き、安保室長と外相いずれも休暇が取れなかったという。また、9月にはロシアの東方経済フォーラム出席や韓ロ首脳会談、国連総会といった大掛かりな外交日程があるので、8月下旬からは再びその準備に入らなければならないという。

 康外相は、16日まで続く休暇の間、主に家族と一緒に時間を過ごすと伝えられている。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す