韓国国防部「THAAD電磁波は基準値以下、騒音の影響もない」(中央日報日本語版)



慶尚北道星州郡(キョンサンブクド・ソンジュグン)の高高度防衛ミサイル(THAAD)レーダーの電磁波は人体保護基準を大きく下回ることが明らかになった。

THAADによる騒音もやはり専用住居地域の昼間騒音基準の50デシベル水準で、周辺の集落に及ぼす影響はほとんどないと調査された。

国防部は12日、慶尚北道星州郡のTHAAD敷地内で電磁波と騒音を測定したところ、こうした結果が現われたと明らかにした。

電磁波は基地内部で測定した6分連続平均値がレーダーから100メートル地点で0.01659W/平方メートル、500メートル地点で0.004136W/平方メートルとなった。700メートル地点では0.000886W/平方メートル、管理棟周辺では0.002442W/平方メートルとなった。

電磁波瞬間最大値は0.04634W/平方メートルで、すべて関係法令で定めた基準値を下回った。現行の電波法は電磁波人体保護基準を10W/平方メートルと定めている。

基地内部の騒音はレーダーから100メートル地点で51.9デシベル、500メートル地点で50.3デシベル、700メートル地点で47.1デシベルと測定された。

環境成績基本法によると専用住居地域昼間騒音基準は50デシベルだ。

国防部は「THAAD敷地は最も近い集落から2キロメートル以上離れた地点にあるため、騒音が集落に及ぼす影響はほとんどないものと判断する」と明らかにした。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す