7月米企業在庫小幅増、小売の減少が重し



[ワシントン 15日 ロイター] – 米商務省が発表した7月の米企業在庫は予想と一致する0.2%増となった。販売が回復するなか小売業の在庫が減少したことを背景に増加率は前月の0.5%から鈍化した。

小売り在庫は0.1%減。前月は0.6%増加していた。自動車在庫は横ばい。前月発表の速報値は0.1%減だった。国内総生産(GDP)の産出に利用される自動車を除く小売在庫は0.2%減となり、前月の0.5%増から反転した。

在庫投資の第2・四半期GDPに対する影響は中立的。第1・四半期は1.46%ポイント押し下げていた。

7月の企業売上高は0.2%増。7月の販売ペースで在庫を使い切るまでの期間を示す対売上高在庫比率は1.38カ月と、前月から横ばいとなった。

小売業の売上高は0.3%増。6月は0.1%減少していた。自動車の対売上高在庫比率は2.26カ月と、前月から横ばいだった。



ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す